NINJA TOOLS

徒然セミリタイア日記

40代でセミリタイアしました。妻と子供と郊外で暮らしています。インデックス投資歴は10年ほど。5割くらいを先進国と国内株と新興国株インデックスに入れて残りを国債と現金で保有。あとは世界経済の成長におまかせです。

目標金額までほぼ買い増したので買いストップ

f:id:shinnox:20190820003331j:plain


 8月7日からeMAXIS Slim先進国株の買い増しを続けて来ましたが、12日目に入り、ここでいったん通常ペースに戻します。8月19日の時点で、買い増しをストップさせました。現金資産の16%を購入目標金額としていましたが、1%少ない15%でのストップです。

 

shinnox.hatenablog.jp

 

 個人的にはもう少し下落していくものと様子を見ていました。ですが、予想以上に戻りが大きく、このへんでいったん様子をみようかなと積み立て設定を変更しました。本日のダウも上昇して始まったので、タイミングとしてはよかったのかな。

 

 再び大きく下がるようなら、手持ち資金を使って買い増しします。ただ感覚的には、その可能性は低そうに思えます。あまり相場に張り付いてるのも趣味じゃないので、またしばらくは気絶してようと思っています。

 


ブログ村に参加しています。よろしければ応援お願いいたします】

    ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

【夏休み企画】友人一家とマス釣り

f:id:shinnox:20190819113932j:plain


 セミリタイアで得た時間を生かして、家族と遊ぶ機会を増やしています。今回は、友人発の企画に便乗。夏休み企画として、奥多摩の「氷川国際ます釣場」に2家族でマス釣りに行くことにしました。

 

 友人のところは子どもが小さく、小学生と幼稚園で、うちは中学生。管理釣り場でのマス釣りは、この年代の子どもたちが手軽に楽しめるアウトドアです。

 

 竿はレンタル、餌は現地で買えるので、持ち帰り用のクーラーボックスと日焼け止めやタオルなどを持って現地に向かいました。費用は大人1人3000円ほどです(交通費・食費別)

 

shinnox.hatenablog.jp

 

 現地は都心から2時間ほどのところで、ここまで来ると水の透明度が全然違います。魚が泳いでるのが上から見える。朝9時半くらいから釣り始め、最初は放流直後ということもあってすぐに1匹ヒットしましたが、それ以降は反応がイマイチに。友人家族も似たような状況でしたが、子どもたちはそれぞれ1匹ずつ釣り上げ、かなり楽しんでいたようです。

 

 お昼前にもう一度放流があって、ここで再びアタリが来ましたが、残念ながらヒットならず…。ところが、友人の竿を預かっていた彼の奥さんが、わずか30分ほどで2匹も釣り上げて大盛りあがりしていました。絶対に釣りの神様は女性好きだな。

 

 最終的な釣果は友人家族は9匹、我が家は2匹(笑)。1匹分けてもらって帰ってきました。僕ももう1匹くらいは釣り上げたかったなー。

 

 中学生にもなると、なかなか親子で出かける機会も少なくなります。今回は友人企画に便乗する形で、大勢で行ったのがよかったのでしょう。帰ってきてから、子どもが「次は近所の幼馴染とも行ってみたいな」と楽しそうに話してました。それを聞いて、今回の企画は大成功だ!と思いました。

 

 もう20年ほど前に、山梨の都留あたりのマス釣り場でルアー釣りをしたことがあります。その時は20匹以上釣れて、持って帰るのにも苦労するほどでした。あそこなら、子どもたちがもっと楽しめるかな。次に機会があったら、また友人一家を誘って行ってみたいと画策しています。

 


 

 【夏休み企画】第1弾は家族旅行。猫をモフりに行きました。 よろしければこちらもどうぞ。

shinnox.hatenablog.jp

 

 

 


ブログ村に参加しています。よろしければ応援お願いいたします】

    ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

初めてのハローワーク 1時間の手続き、簡単だけどちょっと疲れた

f:id:shinnox:20190816151127j:plain

 

 お役所が嫌いなセミリタイア初心者しんの(@shinnox2)です。

 

 退職日から1週間ほどして離職票が届きました。失業保険の給付を受けるには、ハローワークにて手続きが必要です。お盆明けでいいかなと思っていましたが、時間ができたので初回手続きに行ってきました。

 

 細かな手続きはネットであちこち懇切丁寧に解説されていますので、ここでは「行ってみてどうだったか」をメインに書いていきます。

 

持っていくものと事前にやっておくべきこと

 会社から送られてきた書類の中に、ハローワークのパンフレットが入っていました。「受給手続きに必要なもの」は下記のとおりとなっています。ただし実際には、赤字で示したものは不要でした

 

  1. 離職票1…氏名や銀行口座番号を記入しておく
  2. 離職票2…写真添付欄に顔写真を貼っておく
  3. マイナンバーカード…持っていない場合は、「通知カード」+「免許証」などでOK
  4.  印鑑
  5. 写真2枚…縦3.0cm×横2.5cmのもの。1枚は離職票2に貼っておく
  6. 本人名義の預金通帳・キャッシュカード(インターネットバンク・外資系金融機関以外のもの
  7. 船員の場合は船員保険失業保険章および船員手帳

 6.の預金通帳・キャッシュカードのカッコ書きにある「インターネットバンク・外資系金融機関以外のもの」について補足説明します。これを読むと、ネット銀行はNGなのかなと思ってしまいます。僕はネット銀行(住信SBIネット銀行)をメイン口座として使っているため、念のためみずほ銀行の通帳も持っていきましたが、ネット銀行でも特に問題ないようでした。

 

 前日の晩にこれらを用意し、その上で求職情報(求職申込書に記入する情報)の仮登録を行いました。

 

 ハローワークでは初日に求職申込書を書いて出すことになります。希望する職業や月収、勤務形態などを書き込むのですが、項目数が多い上、「何年に就職して何年に辞めたっけ…?」など、就業状態のデータも確認する必要があります。これをネット経由で事前に書いて登録しておけば、ハローワークのカウンターでチマチマ書いていく手間が省けます。

 

  ハローワークインターネットサービス - 求職申込み手続きのご案内

 

  どう書いたらいいか分からない項目や、記入間違いがあっても窓口で修正してもらえます。僕は就業年数の数え方に不安があったので、そこを空白にして入力しました。

 

 入力が終わると、仮登録番号が発行されるので、印刷したりメモったりして持っていきます。僕はMac→メモ帳→iPhoneのメモ帳に同期して、窓口でスマホを出して手続きしてもらいました。

 

初日のハローワークでの流れ

f:id:shinnox:20190816152738p:plain



 所要時間はトータルで1時間強、淡々と事務処理されていく感じです。お盆時期だったこともあり、人はまばらでヒマそう(失礼)でした。

 

 大雑把な流れは 受付→窓口1(雇用保険需給窓口)→窓口2(就職相談窓口) で、書類を出して質問に答えてスケジュールを確認して、それで終わりです。思ったより手早く終わりましたが、独特のお役所の空気が苦手なので、何度も行きたいとは思えない場所です。

 

 実際の流れはこんな感じ。

 

 まず受付で「雇用保険の受給手続きに来ました」と告げます。受給資格があるかの確認書類(すぐ働けますか?などの質問に◯をつけていく)とアンケートを手渡され、「番号◯◯の窓口へ」と言われますので、素直に向かいます。

 

 最初は雇用保険の受給に関する手続きです。窓口にて番号札を取り、待ち時間に求職申込書とアンケートを書く…という流れなのですが、空いていたのですぐに呼ばれました。そこで窓口の担当の方に離職票1、2と写真を出し、その方が書類を確認している間に書類を書いていきます。

 

 求職申込書については、「事前にネットで書いてきました」と告げ、スマホの仮登録番号を見せると「分かりました」とそのまま処理してくれました。ラクです。一通り書類確認などが終わると、雇用保険の受給に関する注意点などの説明のため、雇用保険説明会(9/2)初回の認定日(9/11)に必ず来てください、来られますか?と確認されます。どちらも問題ないのでOKと答えて終了です。

 

 次に就職相談窓口に回されます。待合スペースの席で数分待つと、名前を呼ばれて窓口へ向かいます。ここでは、求職申込書をチェックし希望する職業などを確認します。

 

 事前にネットで求職情報を仮登録しているので、流れは極めてスムーズです。あえて空白にしておいた就業期間を「これで大丈夫ですかね?」と確認したり、間違えていた扶養人数を修正したりします。

 

 一通り終わると、「雇用保険受給資格者のしおり」「ハローワークカード」などを渡してくれます。これらを毎回持参する必要があるようです。

f:id:shinnox:20190816151059p:plain

 

 その後「職業講習会」を8/27に開催すること、これが求職活動の実績になるとの説明を受け、参加してはどうでしょう?と促されたのでOKしました。最後に、求職情報の検索方法をざっと説明してくれました。希望する職業として、いちおう編集職と書いたので、これに基づき検索してくれましたが、なかなか条件に合った案件は少ないようでした(本気で働く気もありませんが)。

 

受給期間中にライターとして働いたらどうなる?

 手続きを一通り終えて、「受給期間中にライターとして働いた場合はどうなるのか?」と質問してみると、「それは雇用保険の窓口でお願いします」とのこと。で、そっちに行ってみると、窓口が「ただいま事務処理中です」との看板を出しています。質問する場合は質問用紙があるので書いて入れろ、とあるのですが、該当する項目がなく困りました。

 

 しょうがない、直接聞くしかないなと窓口を見ます。1人は明らかに作業中だったのですが、もうひとりの若い男性はマニュアルらしきものを読んでいるだけ。なので声をかけてみると「一般的なことならお答えできます」とのこと。うわ、お役所っぽいタイプだなーと思いながら質問してみました。

 

 すると「4時間以上働くと雇用保険は支給されない」という(こっちも知ってる)回答。なので「ライターのように、時間ではなく成果物1本あたりいくらで考える場合はどうなる?」と聞くと、「1本あたりの作業にかけた時間になる」とのこと。うーん、ライティングに1日2時間×3日ならOKでも、1日6時間で一気に仕上げたらダメってことなのか…? でも自己申告だから判断つかないんじゃないか…等々、疑問がさらに深まるだけでした。

 

 まだ、1日あたりに受け取れるお金にも算定式があるそうで、それは雇用保険説明会の後なら分かりますよ、とのこと。…算定式くらい教えてくれれば自分で計算するよ。

 

 なので帰ってきて調べました。


 計算式は下記の通り。 これを見る限り「1日分の収入金額」をいかに少なくするかがポイントっぽいですね。僕のケースでは、1週間に1〜2本書くレベルなら減額されずに済みそうです。

 

A…基本手当日額+収入(内職等による1日分の収入金額-控除額)

 控除額=1294円(平成30年)

B…前職での賃金日額×0.8

1.AがBより少ない、あるいはAとBが同じ金額の場合…全額支給
2.AがBより多い場合…差額が減額されて支給
3.1日分のアルバイト収入がBより多い場合…支給なし

 


 

 ハローワークの初日手続きを無事に終えてみて、非常に疲れました。たいしたことはしてないんですが、お役所独特の空気が苦手なものでストレスがたまります。今後も定期的に通うことになるので、早いところ慣れてしまいたいものです。

 


ブログ村に参加しています。よろしければ応援お願いいたします】

    ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ダウが800ドル下げたのでeMAXIS Slim先進国株を買い増し

f:id:shinnox:20190815105151j:plain

 

 やはりこの時期は相場が安定しませんね。

 

 ダウが再び大きく下げて800.49ドル安(▲3.05%)の25749.42ドルになりました。先日、相場が下降気味のため、eMAXIS Slim先進国株の積み立て金額を増額し、来週後半まで毎日積み立てする方針だと書きましたが、今回の下落が大きかったので買い増しします。

 

shinnox.hatenablog.jp

 

 現金資産の16%ほどをeMAIXS Slim先進国株に投入します。これにより、リスク資産:非リスク資産=50:50だったポートフォリオは、57:43となり、ややリスク資産が増えます。

 

 月末には退職金が入るため、非リスク資産の比率が再び増します。チャンスがあればもう少しeMAXIS Slim先進国株を追加購入する予定です。

 

 今回は、「今は買いたくないな」と思わせる下落でした。そういう心理状況だから買います。淡々と買って将来の成長に期待を寄せたいと思っています。*1

 

 


ブログ村に参加しています。よろしければ応援お願いいたします】

    ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

*1:もちろん数年分の生活防衛資金は確保した上での話です。

離職票が届いたので、まずは国民年金の免除申請へ

 お盆はのんびり過ごそうと、ネットから距離を置いていたセミリタイア初心者しんの(@shinnox2)です。

 

 先日ようやく職場から離職票が届きました。離職票って何じゃ?というレベルの認識で生きていますが、これを持ってハローワークに行くと雇用保険(失業保険)の手続きができます。

 

ハローワークに行く前に、国民年金の免除申請を

 お盆期間中はゆっくり過ごすので、ハローワークは来週にでも行くつもりでいます。ただ、その前に国民年金の免除申請に最寄りの役所へ行ってきました。免除申請には離職票が必要なのですが、ハローワークに行くと離職票を回収されてしまうためです。

 

 役所にて、国民年金の免除申請に来たと伝えて、年金手帳(妻の分も)と離職票を出すと、手続きを進めてくれます。今回は一人で来たので、妻の分の書類を代理で記入。こちらには印鑑を押す必要がありました。手続きは10分ほどで終わりました。かんたんなものです。

 

 参考までに、離職票の現物をスキャンしたので公開します。離職票は「離職票1」と「離職票2」の2枚に分かれています。下記は離職票1で、これが免除申請に必要になります。

f:id:shinnox:20190814103403p:plain

 

 こちらは離職票2。直近1年間の支払い賃金の情報が記載されています。

f:id:shinnox:20190814103406p:plain

 

 それにしても、毎回お役所に行く度に、事務処理が煩雑過ぎて嫌になります。マイナンバーができても全く状況は改善されていません。平等や公平、セキュリティを担保するために制度設計が複雑になっている上、過去の仕組みの上に新しい仕組みを乗せていった結果、だれも読み解け無いプログラムが動き続けているように感じます。


 ともあれ、まだまだ暑い日が続きます。皆様、よいお盆をお過ごしください。

 


ブログ村に参加しています。よろしければ応援お願いいたします】

    ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

予定通りeMAXIS Slim先進国株の自動積み立てを継続中

 「君が学校に行くその日までが夏休みだ」(出所:世界の終わりに柴犬と、一部改変)。

 

 世間は3連休らしいですが、当面休み続ける予定のセミリタイア初心者しんの(@shinnox2)です。 気がつけば、この生活にもすっかり馴染んでいます。

 

 さて先日、相場が大きく下がったので、eMAXIS Slim先進国株を増額の上、毎日積み立てするとお伝えしました。

 

shinnox.hatenablog.jp

 

 あれから数日、相場は急反発して戻り基調にあるように見えますが、予定通り8/20頃までは増額積み立てを続けます。経験からし落ちるのは早く、回復するのはゆっくりです。*1 

 

 ダウも昨日は再び下落しました。S&P500はきれいに50日平均移動で頭を叩かれてるので、ここで少し足踏みするか、もう一段階の下げがあるかもしれません。*2

 

f:id:shinnox:20190810093739p:plain

 

 相場が急回復してくれば、積み立て金額を元に戻しますが、もう少し様子を眺めていてもよいでしょう。ということで、予定通り8月3週までは増額積み立てを継続します。

 


ブログ村に参加しています。よろしければ応援お願いいたします】

    ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

*1:いわゆるプロスペクト理論ですね。損するのは怖いから動きが早くなると理解しています。

*2:長期投資を志すなら、本当は淡々と積み立てor一括投資すべきです。ただ相場急落はどうしてもチャンスに見えてしまい、こうしてチャートを眺めてしまいたくなるのです

国民年金の免除申請 50歳リタイアでの「採算ライン」を試算

f:id:shinnox:20190807115521j:plain

 

 こんにちは、セミリタイア初心者、しんの(@shinnox2)です。

 

 引き続き年金ネタです。 アラフィフでセミリタイアした場合、国民年金の免除を受けた方がよいかどうかを検討しました。今のところは免除する方向でいます。年金ネタを書くと、ようやくセミリタイアブログっぽくなってきた気がします。

 

85歳が免除申請の「損益分岐点

 

 前回記事で、国民年金は免除申請するつもりだと述べました。

 

shinnox.hatenablog.jp

 

 免除申請する最大の理由は、保険料の半額が税金で補填されるからです。現在の国民年金保険料は月に16,410円です。仮に免除となった場合、支払額はゼロですが、年金額としては1/2に相当する8,205円分を支払ったものとして計算してくれます。

 

 もちろん、受給する年金額は減ります。納付期間の40年のうち、ざっくり10年を免除したとすると、4分の1に相当する免除期間の年金は半額になります。つまり受給額は87.5%になります。

 

 金額で見れば、現在の国民年金の受給額は年間で約78万円なので、

 780,000×(3/4+1/4×0.5)= 780,000×0.875= 682,500円

 となります。

 

 差額は97,500円/年。一方で10年免除で浮いた保険料は196万9200円ですから、65歳から20年=85歳あたりが損益分岐点となります。計算間違ってないよね?

 

 長寿化している現在、やや微妙だなーというところではあります。

 

 なお、免除を受けても、10年以内であれば追納できます。ただ、年月が経つと月に数百円分の加算額を支払う必要があります。3年(度)以内なら、加算はありません。

 

 なので、後から「やっぱり免除やめときゃよかったかも…」と思ったら、速攻で追納すればよいのです。一旦納めてしまったものは取り戻せませんから、ここはひとまず免除の一手だろうと判断しました。

 

 今後の年金支給額はさらに減る可能性もあります。そういった要素も加味すると、損益分岐点はさらに遠のくことになり、やはり免除した方が良さそうに思えます。今後もし何らかの形で働くことになったら、再度どうするか考え直します。

 


ブログ村に参加しています。よろしければ応援お願いいたします】

    ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ