早期リタイア3年生

早期リタイア3年生(+n)

ギリ40代でリタイアした元会社員 生活は特に変わらない

リタイアして3年が過ぎました

 気がつけば、アーリーリタイアして3年が過ぎました。

 

 今の生活が当たり前の日常なので、これといった感慨はありません。

 うち2年はコロナのせいで空転してるせいもあります。

 ようやくアフターコロナが見えてきてますので、今年はもう少し外に出られればと思います。

 

生活の変化

 

個人事業主としての仕事】

 2021年末〜2022年初に少し仕事を受けて、少しなら働くのも悪くないなーと思いました。月に数日程度ならいい刺激になります。

 

 他方で、他人の都合でスケジュール変更を余儀なくされる等、やはりストレスは感じます。特に最後の方では、ギリギリでスケジュールの前倒しを当然のように依頼され、「それはないでしょう」と怒気を含んだメールを返してしまいました。

 

 結局、こちらから妥協策を提示して話を収めましたが、個人で仕事を受ける以上、こうしたトラブルとは付き合わないといけないんでしょうね。

 

 夏以降にもう1本ほど仕事を受ける予定がありますが、条件次第では断るかもしれません。最終的には依頼者との信頼関係次第です。

 

 なお、そこそこの収入になったので、所得を削って赤字を出す予定です。

 

【ランニング】

 昨年秋にランニング中に腰を痛めて、それ以降何度か繰り返し痛めてしまい、なかなか回復しません。

 なので最近はランニングを週2〜3回から週1くらいのペースに落として様子を見ています。痛みが引いてから、風呂上がりのストレッチを習慣化したところ、かなりよくなってきました。

 

 走る分には問題ないのですが、長めに歩くと(10kmほど)尾骶骨周囲に痛みが出てくるのがやっかいです。ゆっくり治していきます。

 

【車】

 3月に車を買い替えました。

 

 以前はアルファ156に乗っていたのですが、スロットルの故障をどうしても直せず廃車に。壊れる半年前に、たまたま2台目としてスバルR2(軽自動車)を買っていたので、これでしのいできました。

 

 普段使いには十二分な性能だったものの、乗り心地や積載性に限界があり、ずっと乗り換えを考えていました。

 

 そんな中、候補の一つに挙げていたBMW X1(E84)で、条件に合う個体が出てきたので即決しました。アルファのような「バカっぽい楽しさ」はありませんが、「よくできた執事」のようなしっかりした車です。

 

 リタイア界隈では、「車はコストのかたまり」であり真っ先に切り捨てるべき、といった論調がありますが、便利さや面白さを捨てた生活に興味はありません。無節操な支出は論外ですが、欲しいものはできるだけ手に入れたいし、家族と楽しく暮らすための様々な支出(旅行や外食やその他諸々)も、なるべく惜しまず使っていきたいと考えています。

 

資産の変化

 リタイア直後のコロナショックでガクッと減ったものの、そこから大きく戻したため、リタイア直後よりも資産は増えました。

 

 他方で今年に入り、米国のインフレ引き締めによる影響やウクライナ侵攻で、相場は大きく下落しています。

 

 それでも現時点ではプラスですので、あまり気にしていません。

 コロナショックの時の乱高下ほどメチャクチャな動きはしてませんしね。

 

 ただ、コロナショック後にリスク資産が膨らんでいるので、なるべく税金を支払わず現金に戻していくつもりです。岸田政権のせいで申告不要制度が塞がれてしまうので頭が痛いです…。

 

心境の変化

 あまり変化ない…と思ってます。

 

 当初の「毎日が日曜日だ!」的な感覚は既にありませんし、一方で「暇でしょうがない」ということもありません。毎日やるべきことはあるし、気がつけば時間はいくらあっても足りません。

 

 他方で、もっと外に出たい(旅行や友達と会うとか)という気持ちは強くなっています。2年近く引きこもりですからね…。コロナが落ち着きつつある今、そろそろ友達を誘って食事なり飲みに行くなりしたいところです。

 

 


ブログ村に参加しています。よろしければ応援お願いいたします】

    ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

84万円分の控除枠をつくる 小規模企業共済に申し込み

 制度をひとつ知るたびに、目からウロコが落ちる気がします。*1

 こんにちは、零細個人事業主・しんのです。

 

 今日は「小規模企業共済」の申し込み手続きに行ってきました。

 制度の存在は知っていましたが、どう使えばいいかがようやく分かりました。

 

 結論から言えば、これで社会保険料控除枠を84万円/年、拡大できます

 この84万円分の枠で投資信託をさらに益出しするのが目的です。

 

 個人事業主や小規模な企業向けの制度なので会社員は使えません。

 リタイアしたら皆さんも個人事業主になりましょう。

 

f:id:shinnox:20220415155310j:plain

 

■投信の含み益を無税で吐き出す

 小規模企業共済は、ざっくり言えば、個人事業主の自主的な退職金です。

 年間で最大84万円(月に7万円)まで積み立てられ、

 掛け金を全額社会保険料控除として申告できるのがポイントです。

 

 まあ普通は退職金制度として使うのでしょうが、

 僕の場合は、投資信託の含み益を無税で吐き出すための仕組みとして活用します。

 

 何度も書いたように、控除枠をフル活用すると、無税で源泉徴収の20%分*2を取り戻せます。

 

 これにより、180万円強の含み益を無税で吐き出し、昨年度よりもさらに16万円の節税が可能になる見込みです。

 

【2021年度の確定申告】

(1)所得 ゼロ

(2)控除枠の合計   約100万円

(3)投資信託の売却益 100万円弱

(4)源泉徴収 所得税(15%)15万円、住民税(5%)5万円

 

(5)控除>(所得+売却益)なので源泉徴収分の税金が戻る

  →所得税15%分(15万円)の還付は確認済み

  →住民税については均等割以下なので5%も戻るはず(未確認)

 

【2022年度の確定申告(予定)】

(1)所得 ゼロ

(2)控除枠の合計   約184万円

(3)投資信託の売却益  180万円

(4)源泉徴収 所得税(15%)27.6万円、住民税(5%)9.2万円

(5)上記金額が還付されるはず

 

shinnox.hatenablog.jp

 

■2022年度までは申告不要制度が使える

 2022年度までは、住民税の申告不要制度が使えます。

 これを適用することにより、特定口座の利益を確定申告で改めて申告しても、配当所得・譲渡所得は住民税に反映されなくなります。

 

 国保や年金の減免・免除の基準額にも反映されなくなります。

 

 住民税はだいたい100万円超(家族構成や自治体により異なる)で、均等割非課税になります。

 

 申告不要制度が生きている間は、

 

  →特定口座で益出し

  →確定申告

  →控除で相殺

  →合計所得金額が上がるはずのところを申告不要制度でチャラに

  →住民税は非課税、国保は7割減免、国民年金は免除

 

 というテクが使えるわけです。

 

 申告不要制度が使えなくなると、確定申告で計上した特定口座の利益は合計所得金額に積み増しされるので、住民税の算定基準に反映されてしまいます。

 

 なので、非課税世帯をとるか、益出しを優先するか改めて考える必要が出てきます。

 

 2023年度以降の益出し戦略については、また改めて考えることとします。

 税制大綱の見直し…たぶんないだろうなあ。

 申告不要制度が生き残れば悩まずに済むんだけど。

 

個人事業主を廃業すれば100%戻る

 小規模企業共済は、20年続けないと元本割れします。

 ただ、個人事業主を廃業すると100%戻ってきます。

 なのであまり心配する必要はなさそうです。

 

 とはいえ、受け取るタイミングには留意する必要があります。

 退職金控除を満額使わないと損するからです。

 

 退職金控除を満額使うには、前回の退職金の受け取りから「iDecoは15年以上」、「小規模企業共済は5年以上」となっています。

 

 なので、49歳で退職した僕の場合は

 

(1)パターン1

・49歳:会社員時代の退職金受け取り

 ↓ +15年

・64歳:iDeco受け取り

 ↓ +5年

・69歳:小規模企業共済受け取り

 

(2)パターン2

・49歳:会社員時代の退職金受け取り

 ↓ +15年

・64歳:iDeco+小規模企業共済を同時に受け取り

 

 となるはず。

 

 iDecoは3年くらいしか積み立ててないので金額は少ないから、パターン2でもいけそう。*3

 

 なお、小規模企業共済が「控除」なのに対して、「経費」となる制度もあります。

 同じ中小企業機構が手掛ける「経営セーフティ共済」というもので、書類だけは取り寄せました。

 

 利益が予想以上に出た時に、経営セーフティ共済に資金を突っ込めば節税できます。

 こちらは受け取る際に事業所得になるので、控除枠を消費するのがネック。

 こちらの使い方については、別途考えていきたいと思います。

 

 


ブログ村に参加しています。よろしければ応援お願いいたします】

    ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

*1:たいていは新しいウロコを貼り付けられているだけだったりしますが

*2:いまのところ確認したのは所得税15%分のみ。5%の住民税分は6月に再確認する

*3:詳細な金額は後で計算すること>自分

2022年4月上旬のポートフォリオ 追加投資で現金減る

 2022年初から相場が不安定です。
 ようやく落ち着いてきた感じもありますが、まだしばらく揺れるでしょう。
 
 資産運用の方針に変化はありません。
 大きく動かさず、ときどき見直す。
 
 今回は1月下旬から大きく崩れたので、先進国株の投資信託を毎日積立で買い付けました。
 

【2022年4月のポートフォリオ

 2022年4月5日時点のポートフォリオは下記のとおりです。
  • リスク資産 =66.5%(国内株式 10.8%、先進国株式51.2%、新興国4.5%)
  • 無リスク資産=33.5%(現金33.5%)
 

f:id:shinnox:20220405105104p:plain

 追加投資の結果として現金が減り*1(37.1%→33.5%、▲3.6ポイント)、リスク資産が増えています(特に先進国株47.4%→51.2%、+3.8ポイント)。
 
 そのうち税金対策も兼ねてリバランスします。
 
 

【相場概況(自分なりの)】

・年初は好調
・1月、米FOMCがテーパリング終了表明
 →1月半ば〜1/24に大きく下落
 →その後2月にかけて戻す
ウクライナ侵攻で再び下落
 →侵攻示唆で下落、2/24に侵攻し荒れ相場に
・3/14頃から戻す
 →とはいえ状況は流動的
 

【1月下旬〜3月:追加で投信積立】

 前回のコロナショックの経験から、不用意なスポット投資は避けてきました。
 ただ1月下旬の下落で、自分なりの追加投資の基準サインが点灯。
 1/27に追加投資(毎日買付)を設定しました。
 

 
 以降、1カ月くらいでストップだろうなと思っていたら、積立停止の基準ライン到達まで2カ月近くかかりました。
 
 

【資産総額の変化】

  • 1月上旬に過去最高を更新
  • 1月半ばから下落、2月下旬にウクライナ侵攻でさらに下落
  • 3月上旬に車を買い替えて現金減る*2
  • 3月半ばから相場が急回復(主に米国)
  • 4月上旬に過去最高を更新

 

 マネーフォワードは資産の9割くらい登録しています。

 その総額の推移をグラフ化するとこんな感じ。

 こうやって見ると、あんまり変わってないな…。

f:id:shinnox:20220405111044p:plain

 

【今後の方針】

 目標はリスク資産:非リスク資産=6:4くらい。
 なのでリスク資産の6.5%程度を時期を見て売却します。
 
 理想としては、利益<控除になるよう調整したいところ。
 控除枠を増やす方策を水面下で検討中です。
 

ブログ村に参加しています。よろしければ応援お願いいたします】

    ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

*1:そういや車も買った。妙に減ってるなと思った

*2:100万単位で減りましたが運転が楽しくて毎日ニヤニヤしてます