早期リタイア3年生+n

早期リタイア3年生(+n)

ギリ40代でリタイアした元会社員。今は限りなく無職にちかいフリーライター。投資も少し。

法人運用メモ(4) 法人証券口座の含み益を一部利確する

 法人証券口座の投信を一部売却し、利確しました。

 今期の決算を見据え、帳簿の見栄えを良くするためです。

 また、早い段階で売却時の処理を学んでおこうという意図もあります。

 

 法人の赤字は10年繰り越せるので、急いで含み益を吐き出す必要はありません

 

 例えば10年後、経費総額が1000万円で、その時の含み益が2000万円だったとします。この場合は含み益1000万円分を利益確定するよう投信を売却し、経費(赤字)を相殺すればよいわけです。

 

 ただ、10年後に未経験の処理を実行してミスるとダメージが大きいでしょう。

 当初は3年目前後で益出しするつもりでいましたが、予想より早く含み益が積み上がったので1期目で実行することにしました。

 

【売買プロセス】※金額はフェイク

 

 ある金額(仮に3000万円とします)の投信を証券口座で保有しています。

 このうち半分を売却、同時に手持ちの現金で買い増しし、利益だけ吐き出す形にするのが理想です。

 

 ですが、(1)同一投信の同一日の売買は不可、(2)手持ちの現金が足りない、という制約があるため、下記のようにしました。


(前提)保有する投信:3000万円

(売却)5/14(火)昼 半分相当の1500万円を売り発注

   →5/15(水)約定、5/21(火)受渡

(購入)5/15(水)昼 個人口座から現金800万円を入金、買い発注

   →5/17(金)約定、5/23(木)受渡

 

(今後の予定)

 5/21(火)に戻った現金1500万円のうち700万円を使って買い発注

 残り800万円の現金を個人口座に戻す


 保有している投信はemaxis slim全世界株式(オルカン)。

 売却日に、オルカンに近い投信(例えばemaxis slim先進国株。オルカンの構成国の90%は先進国なので、あまり内実変わらない)を購入してタイムラグをなくす方法もありますが、銘柄を増やすと後々管理が面倒になりそうなのでやりません。

 

 手持ちの現金に余裕がないので、かき集めた800万円で買えるだけ買い、あとは現金が戻ってきたら買い増しします。

 

【注意点】売却時は買取請求の一択

 

 法人口座における投信の売却には、解約買取請求の2つがあります。

 デフォルトは解約になっていますが、「買取請求」を選ぶのが鉄則です。

 

 理由は単純で、解約は利益が源泉徴収扱いになり帳簿処理が複雑になるためです。

 

 解約 → 利益分が配当所得として源泉徴収される

 買取 → 譲渡所得となり源泉徴収されない

 

 下記はSBI証券の説明。帳簿上で法人税額の控除が可能とありますが、手元資金を減らした上で面倒な帳簿作業をして、複雑な手続きをして現金を戻してもらうのはナンセンスです。買取請求なら仕訳も簡単に済ませられます(まだやってないけど)。

 


ブログ村に参加しています。よろしければ応援お願いいたします】

    ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ